借りたいあなたに答えてくれるおまとめローン会社はここ

SMBCコンシューマーファイナンスプロミス

金利 6.3%~17.8%
借入限度額 300万円

おすすめポイント

プロミスの特徴のひとつに返済方法が多彩であることが挙げられます。 店頭窓口、ATM、コンビニ、口座振替、銀行振込、インターネットでの返済など好きな方法を選べます。

くわしく見る


モビット

金利 4.8% 〜 18%
借入限度額 最高500万円

おすすめポイント

モビットの特徴のひとつに返済方法が多彩であることが挙げられます。 店頭窓口、ATM、コンビニ、口座振替、銀行振込、インターネットでの返済など好きな方法を選べます。

くわしく見る


レイク

金利 4.5% 〜 18%
借入限度額 500万円

おすすめポイント

レイクで融資を受けるにあたってはさまざまな契約方法が用意されています。 インターネット、自動契約機、FAX、郵送。あなたのお好みで選んでください。

くわしく見る




1っ本化することで金利を下げて返済日を1日にできる!?→おまとめローンを検討されてる方はこちら



よく「住宅ローンの借り換えをする」という話を聞きますが、これは要するに、より金利が安い方にローンを借り換えて、最終的な支払額を減額するということです。

実は、消費者金融のローンも、借り換えをすることが可能です。

A社に○○万、B社に△△万、C社に□□万…と、借り入れが複数の会社に及んでいる人がいますが、この中の一番金利の安いところにまとめるか、低金利の別のD社にまとめることが出来れば、借り入れは一本化でき、すっきりと完済までのプランを立てやすくなります。
最近では消費者金融の中に「おまとめローンコース」のようなプランを持っているところも出て来ました。複数の借り入れをこの機会に一本化しましょう。

  借り入れをまとめるメリット①

借り入れを一本化するメリットと言えば、単純ですが、借り入れの全体像が見えやすくなるということです。借り入れをしている消費者金融が増えれば増えるほど、把握するのが難しくなり、全体でいくら借り入れをしているのかわからなくなったり、返済が滞ったりする原因となります。

また、返済日が一日になる事も大きいメリットです。借り入れ先が増えるほど、当然ですがその分だけ返済日や引き落とし日がやってきます。一本化することで、返済額や返済日がすっきりと分かりやすくなり、精神面でもかなりの負担軽減になるでしょう。

  借り入れをまとめるメリット②

借り入れ金額をまとめることで、一社当たりの借入額は大きいものになります。しかし、これがポイントです。通常、借入額に応じて金利が変化しますが、額が大きくなるほど金利は安くなります。例えば某社の金利は、100万円未満なら最高18%に設定されていますが、100万以上だと最高金利は15%。借り入れ当初は各社とも高い金利が適応される事が多いので、まとめて額を上げるとそれだけで金利が下がる可能性があります。

また当然のことですが、より金利が安い消費者金融にまとめることも利息の節約につながります。

  借り入れをまとめるデメリット

良いことばかりの借り換えですが、実はひとつだけ注意点もあります。

多数の借り換えを一本化し、金利を下げることにも成功した場合、借金が減ってしまったかのような錯覚を起こす人がいます。実際には利息分で若干の節約が出来たかもしれませんが、借金の元本そのものはこれからの返済でしか減らせません。

その部分を勘違いして、さらなる借金を重ねてしまっては、せっかく一本化してすっきりしたことが無駄になってしまいます。あくまでも借り入れのおまとめは、すっきり整理して完済を目指すためのもの、と意識しましょう。



フクホーの利用限度額と増額について

フクホーのカードローンを利用するときに利用限度額はとても気になるものです。

お金を借りたいとき、大きな金額を借りることができれば、色々な場面でとても便利になってきます。
すでにお金を借りている場合でも、限度額が大きければ利用可能な枠も空きやすいため、使い勝手がとてもよくなります。

フクホーのカードローンの利用限度額は基本情報として最大で200万円になっています。
カードローンの申し込みをしてから審査を受けますが、この審査によって利用するときの限度額が決まります。
審査では返済能力が判断されて、それによってそれぞれの申込者の利用限度額が決定するため、結果によっては希望額よりも少なくなることがあります。

フクホーの利用限度額はこのように審査によって決まることを覚えておくと良いです。
審査に通過してカードローンを利用できるようになれば、お金を借りることができます。
もし、満足してお金を借りることができなければ、カードローンの増額をすることができます。
この増額申請によって審査に通ることができれば、現在の利用限度額を大きくすることが可能です。
フクホーのカードローンでは、増額申請も可能になっているので必要なら申請をすると良いです。

自己破産でも借りたい、その方法

自己破産したけどお金が借りたい、そう思っていませんか。isn500-s
借りられる方法はあるんです。
その方法を3つ紹介します。

まず1つめ、自己破産でも借りられる消費者ローン会社があります。
金額は少なくなりますが、
自己破産していても貸してくれる会社はあります。
ネットで検索すればすぐにヒットするはずです。
貸金業界は厳しい競争にさらされていますから、
あえて融資しようという会社もあるわけです。

2つめは労働金庫協会の銀行で融資を受ける方法です。
労働金庫協会加盟の銀行にはは
自己破産者向けの融資制度がある場合があります。
労働金庫協会で融資を受けるには、
勤労していることが条件になるくらいで、
その他の条件は厳しくありません。

3つめの方法はあまり知られていませんが、最もお勧めです。
それは厚生労働省管轄の社会福祉協議会が受け付けている、
生活福祉資金制度を利用することです。
低所得者向けに生業の維持
生活の建て直しなどの目的で低金利で融資を受けることができます。

申請時にちょっとした文章を書く必要がありますが、
それほど難しいものではありません。
このほかにも自己破産でも借りたい場合の方法はあります。
借りられないと思ってあきらめないでください。