万が一返済できなくなってしまったら?

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

消費者金融からお金を借りてしまって返そうと思っていたものの何かが起きてしまって返せなくなってしまったという場合はどうしたらいいんだろうか?人生、一寸先は闇とはいうけれど何か起こるかわからないもんね。
返済が出来なくなったら、どうすればいいのでしょうか? まずは頼りになる親族に相談するか、知人に相談。

それでもどうにもならない場合には、それを救う為の法律がちゃんとある。
借金の整理には、任意整理というものがあり、これは利息制限法に基づいて債務額を引き直し(計算し直し)、債務者の収入の中から3年から5年程度で分割するもので返済出来そうであれば、任意整理を選択。
一般的には、弁護士に依頼するのが普通。
次に民事調停(特定調停)というのがありこれは裁判所が関わってくるんだけれど貸主を相手に裁判をするものではなく裁判所を活用して、債権者と債務者とが話し合いをする行為。
債務の整理案(調停案といい、長期の分割が普通)に借主と貸主の双方の同意があれば、調停が成立。
そして個人再生手続きというのもあり、再生計画案が裁判所によって認可され、債務者がこれに従って弁済を完了すれば、残額の一部が免除される事になる。
そして最後の手段として自己破産
色々あるんだけれどまずは専門家に相談するのが一番。
悩むより前に相談。

Tags: ,

This entry was posted on 火曜日, 6月 5th, 2012 at 4:19 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.