消費者金融における契約書の重要性

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

契約書はいかなる場合も重要なものですが、
消費者金融に関する契約書は金銭の貸し借りを行う
という性格上特に重要性の高いものです。

消費者金融でお金を借りる際に交わされる契約書には、
貸し借りに関する条件が全て記載されています。
そしてその契約書に署名や押印がある限り、
その内容は両者が合意した証・事実であると認定されるのです。
つまり後から読んでいなかったといってもその主張は通りません。

契約書の重要性を認識しないまま契約してしまうと
思いがけないトラブルに巻き込まれることも十分あり得るのです。
契約書に記される文章は固い言葉で構成されていることが多いです。
また日本語の特徴である曖昧さを活かした作りになっていることもあります。

その点を理解し、
全て残さず読んで内容をしっかりと把握することがとても大切です。
分からない場合は担当者に確認するのも良いでしょう。
その際はメモを持参して、
担当者の説明を繰り返しながら文章に残しておくことも決め手となります。

勘違いを誘うような説明をされないよう牽制する効果があるからです。
契約書で特によく確認する必要があるのは、借入金額・期間、
返済期日・条件、利率、遅延障害金の利率、手数料、です。

This entry was posted on 木曜日, 3月 7th, 2013 at 11:08 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.