消費者金融の上限金利は・・・?

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

最近、CMでよく見るのが「あなたは借金の返済を払いすぎていませんか?」ってやつ。

消費者金融からお金を借りてしまって一生懸命、お金を返して、返しすぎていませんかって。
お金が戻ってくる例もあるらしい。
よく刑事ドラマとかに出てくるよね。
悪い消費者金融がものすごい金利をつけてきて必要以上にお金を返すように要求してきて家におしかけてきて暴力ふるって「返せー」って。
テレビの見すぎかな?でも、そういうのが実際にいたらしい。
消費者金融などから融資を受ける場合、その上限金利は利息制限法によって、ちゃんと定められている。
元本が10万円未満の場合は年20%元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%元本が100万円以上の場合年15% この上限を超えた金利で契約されたものについては、その差額分は無効となって貸金業者側が請求することはできないというのはもちろんのこと、もしも支払ってしまった場合にも過払い請求により返還が可能となっている。
これが、よくCMでしているやつ。
かつては29.2%という上限金利を超えた利率で貸付を行っていた消費者金融が多数あったらしい。

前から利息制限法では年15%・18%・20%という数字が上限金利として定められていたんだけど別の法律である出資法では上限金利を29.2%だったりしてこの数字を超えた場合に刑事罰の対象となっていたため、多くの消費者金融ではその間の金利帯、いわゆるグレーゾーンで貸付を行っていたんだって。
このグレーゾーン金利での貸付は、2010年(平成22年)6月18日に施行された改正貸金業法・改正出資法により、現在では処分の対象となっているからあのCMなわけよ。
これで助かっている人も多いんじゃないかと思う。
よく返せなくって自殺してしまう人とかいたもんね。

そういう事件が多くなってから、ちゃんと法律が施行されたのかなぁ。
何かが起こってからじゃ遅いんだけどね。
よく消費者金融のCMで見かけるのは「借りすぎに注意」とか「ご利用は計画的に」確かに借りる側もちゃんと返していける金額を計画的に借りるということが大切になってくるよね。

Tags:

This entry was posted on 火曜日, 6月 5th, 2012 at 4:19 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.