借りたいあなたに答えてくれるおまとめローン会社はここ

SMBCコンシューマーファイナンスプロミス

金利 6.3%~17.8%
借入限度額 300万円

おすすめポイント

プロミスの特徴のひとつに返済方法が多彩であることが挙げられます。 店頭窓口、ATM、コンビニ、口座振替、銀行振込、インターネットでの返済など好きな方法を選べます。

くわしく見る


モビット

金利 4.8% 〜 18%
借入限度額 最高500万円

おすすめポイント

モビットの特徴のひとつに返済方法が多彩であることが挙げられます。 店頭窓口、ATM、コンビニ、口座振替、銀行振込、インターネットでの返済など好きな方法を選べます。

くわしく見る


レイク

金利 4.5% 〜 18%
借入限度額 500万円

おすすめポイント

レイクで融資を受けるにあたってはさまざまな契約方法が用意されています。 インターネット、自動契約機、FAX、郵送。あなたのお好みで選んでください。

くわしく見る




よく「住宅ローンの借り換えをする」という話を聞きますが、これは要するに、より金利が安い方にローンを借り換えて、最終的な支払額を減額するということです。

実は、消費者金融のローンも、借り換えをすることが可能です。

A社に○○万、B社に△△万、C社に□□万…と、借り入れが複数の会社に及んでいる人がいますが、この中の一番金利の安いところにまとめるか、低金利の別のD社にまとめることが出来れば、借り入れは一本化でき、すっきりと完済までのプランを立てやすくなります。
最近では消費者金融の中に「おまとめローンコース」のようなプランを持っているところも出て来ました。複数の借り入れをこの機会に一本化しましょう。

  借り入れをまとめるメリット①

借り入れを一本化するメリットと言えば、単純ですが、借り入れの全体像が見えやすくなるということです。借り入れをしている消費者金融が増えれば増えるほど、把握するのが難しくなり、全体でいくら借り入れをしているのかわからなくなったり、返済が滞ったりする原因となります。

また、返済日が一日になる事も大きいメリットです。借り入れ先が増えるほど、当然ですがその分だけ返済日や引き落とし日がやってきます。一本化することで、返済額や返済日がすっきりと分かりやすくなり、精神面でもかなりの負担軽減になるでしょう。

  借り入れをまとめるメリット②

借り入れ金額をまとめることで、一社当たりの借入額は大きいものになります。しかし、これがポイントです。通常、借入額に応じて金利が変化しますが、額が大きくなるほど金利は安くなります。例えば某社の金利は、100万円未満なら最高18%に設定されていますが、100万以上だと最高金利は15%。借り入れ当初は各社とも高い金利が適応される事が多いので、まとめて額を上げるとそれだけで金利が下がる可能性があります。

また当然のことですが、より金利が安い消費者金融にまとめることも利息の節約につながります。

  借り入れをまとめるデメリット

良いことばかりの借り換えですが、実はひとつだけ注意点もあります。

多数の借り換えを一本化し、金利を下げることにも成功した場合、借金が減ってしまったかのような錯覚を起こす人がいます。実際には利息分で若干の節約が出来たかもしれませんが、借金の元本そのものはこれからの返済でしか減らせません。

その部分を勘違いして、さらなる借金を重ねてしまっては、せっかく一本化してすっきりしたことが無駄になってしまいます。あくまでも借り入れのおまとめは、すっきり整理して完済を目指すためのもの、と意識しましょう。



消費者金融における契約書の重要性

契約書はいかなる場合も重要なものですが、
消費者金融に関する契約書は金銭の貸し借りを行う
という性格上特に重要性の高いものです。

消費者金融でお金を借りる際に交わされる契約書には、
貸し借りに関する条件が全て記載されています。
そしてその契約書に署名や押印がある限り、
その内容は両者が合意した証・事実であると認定されるのです。
つまり後から読んでいなかったといってもその主張は通りません。

契約書の重要性を認識しないまま契約してしまうと
思いがけないトラブルに巻き込まれることも十分あり得るのです。
契約書に記される文章は固い言葉で構成されていることが多いです。
また日本語の特徴である曖昧さを活かした作りになっていることもあります。

その点を理解し、
全て残さず読んで内容をしっかりと把握することがとても大切です。
分からない場合は担当者に確認するのも良いでしょう。
その際はメモを持参して、
担当者の説明を繰り返しながら文章に残しておくことも決め手となります。

勘違いを誘うような説明をされないよう牽制する効果があるからです。
契約書で特によく確認する必要があるのは、借入金額・期間、
返済期日・条件、利率、遅延障害金の利率、手数料、です。

事業資金を調達するためのビジネスローンの種類

ビジネスローンとは個人事業者や中小企業の経営者の方を対象にした事業資金の貸し出しです。
このビジネスローンは事業資金の調達に利用される事から、
個人向けの融資よりも融資限度額が高めに設定されています。
このビジネスローンはサービスを提供する金融機関によりその種類が異なります。

ここでは事業資金を調達するためのビジネスローンの種類についてお話致します。
先ず最初に、ビジネスローンには銀行系のサービスがあります。
銀行系のサービスの特徴として金利があります。
銀行系のサービスの多くは金利が10パーセントから20パーセント以下に抑えられており、
金利の負担を低減して事業資金の融資を受ける事ができます。

しかしながら、
銀行系のサービスを利用するためには多くの必要書類が必要になり、
審査が長時間かかるというポイントがあります。
次に、このビジネスローンにはノンバンク系のサービスがあります。
ノンバンク系のサービスを提供する金融機関は消費者金融や信販系の会社です。

これらノンバンク系のサービスは30パーセント以下の金利を提示している業者が多く、
比較的大きな金利の負担を負い融資を受ける事になります。
しかしながら、審査にかかる時間は短く、
短時間で融資を受けたい時には最適なサービスとなります。
このようにビジネスローンには異なる種類があります。